良いトランクルームの条件や選び方

大都市圏を中心に急激に需要を伸ばしているのがトランクルームと呼ばれる収納のためのレンタルスペースです。でも需要が伸びて様々なタイプが供給されるようになっていますが、自分が求める内容と異なるなど、様々なトラブルが生じている現実があるのも確かです。たとえば収納したモノの品質が劣化してしまったり、セキュリティの問題で盗難などの被害に遭った場合の対処など、細かな内容に対する対応方法にも違いがあるため、自分の目的に合ったものを選ぶことがとても大切になります。自分が何をどんなふうに収納するスペースとして活用したいのか、優先したい条件はなんなのかを、実際に決める前に自分自身でもきちんと整理してみることが必要です。この点をおろそかにすると大切な品にダメージを与えたり、場合によっては紛失したりする危険性もあります。

何を預けたいかでトランクルームのタイプを選ぶ

自分がトランクルームに何を預けたいかを整理してみることはとても重要なポイントです。モノがあふれて家の中が狭くなってしまったから、とにかく安くレンタルできる収納スペースを確保したい・・・こんな基準で選んでしまうと、時にはとんでもない劣悪な保存条件の場所を選んでしまう可能性もあります。もちろん屋外に設置されたコンテナのようなタイプの場合、しまっておくものがその環境でも十分なものならば問題ないのですが、温度や湿度の管理が必要なものをしまうのは明らかにこのタイプでは無理があります。利用料金が安い場所は保管条件を必ず確認しないと、家で保管する場合とは全く違う環境でひどく劣化してしまうことも考えられます。でも、反対にセキュリティも温度湿度の管理も万全なところを選べば、家よりもはるかに良い環境で保管できる可能性もあります。

契約前に収納する場所を見学させてもらおう

収納したモノの出し入れの頻度はどれくらいか、使用料はいくらか、家からは近いかなど、こだわりたい条件が決まって候補がしぼれたら、実際に契約する前に収納する場所を見学させてもらうことがおすすめです。パンフレットやホームページの画像を見ただけではわからない保存環境も、実際に見てみればいろいろなことが見えてくることでしょう。料金が安ければ保存環境やセキュリティ対策も一般的にはそれなりです。また、大切なものを保管する予定なら、収納した荷物に対する保証や保険制度などがあるかも事前に確認しておけばより安心です。実際に保存場所を見てみたら、自分がイメージしていたのとはずいぶん違ったということも考えられます。間違っても値段の安さだけで選んでしまうことの無いように、借りる側も真剣に選ぶことが必要です。