小さい代わりに無くしやすいコンタクト

白目の部分が赤くなる状態として有名な結膜炎についていえば、結膜にできる炎症のことです。結膜の炎症は急性のものと慢性のものに分かれ、その大多数がウィルスや細菌などで感染したりアレルギーが原因となっています。ですので、対象となるバイ菌に効果的な抗生物質を処方してもらうことでかなり早く治ります。
コンタクトレンズのアレルギーだと言われたら、可能な限り眼鏡に変えた方が得策です。それでも不可能なら、眼科医に相談して、目薬などを処方してもらうしかありません。同時にレンズや洗浄液をあれこれと試して、負担の少ない商品を探しましょう。
コンタクトレンズにおける酸素の通過の割合を測定した数値を酸素透過率と呼びます。性能のよいコンタクトの方が当然として角膜にかかる影響は少なくなるので、コンタクトレンズを選択する場合にはできるだけ性能の高い製品を選びましょう
それまで問題なくてきちんと見えていた人が病気や事故などで視力をなくしてしまう場合を失明といいます。誕生したときから盲目なのとは意味が違います。失明を区別すれば、全盲という明暗さえも全然識別できない状態や光覚弁と呼ばれる暗いか明るいかだけは判断できるという状態、手道弁といって手の動きだけはなんとか識別できる症状

コンタクト専門店に設けられている外来は、まれに問題が確認されているので注意してください。併設されている外来は後期研修医などがアルバイトで行なっている場合がほとんどで、熟練した眼科医ではないのです。そのせいで、目の疾患がコンタクト使用後に悪化したケースもあるので気を付けてください。
ドライアイは、コンタクトを着けることも一因して発生します。コンタクトレンズの種類でいうと、ハードレンズよりはソフトの方がドライアイが発生しやすくなります。そのわけは、ハードよりもソフトを装着した方が瞳の表面にある水分の蒸発量が増加するためです。

アレルギー症状が見られるなど、コンタクトが目に合っていない場合は、レンズの装着を辞めた方がいいと思います。何かの事情から眼鏡が掛けられない方は、アレルギー症状を沈静させる薬などで何とかやり過ごすしかありません。ただし体には負担が掛かるため、心して装着してください。
最初にコンタクトレンズを装着する、もしくは現在使っているコンタクトが全く合わないと感じている人は、ちゃんとした眼科医の下に足を運びましょう。コンタクト専門店のコンタクト外来は研修医など未熟な医師が主にバイトでやっているケースが多いので、可能な限りきちんとした眼科医の下に行った方がいいです。

Transparent RSS Feed Transparent
  • Meta

      Site Admin
    • Log out
    • Entries RSS
    • Comments RSS