メリットデメリットはあるのかトランクルームの場合の説明

世の中は断舎利ブームで、物を持たない整理上手な人がいる反面、物がどんどん増えて家の中が物であふれてしまって悩んでいる人もいます。物をきちんと捨ててすっきりと暮らすことはとても重要なのですが、どうしても捨てられないものは誰にでもあります。そんな時にはすぐに捨てるよりも、まずはトランクルームを活用してみてはいかがでしょうか。自宅とは違う場所に専用の収納スペースを確保することで、驚くほど家の中がすっきりとします。レンタルしたスペースをどんなふうに活用し、どんなものをしまうかは使う人のセンス次第です。捨てることはできないけれど家の中に置いておくのも無理・・・そんなものに囲まれながら窮屈に暮らすより、収納スペースをレンタルすることを検討してみることがおすすめです。

トランクルームを利用することのメリット

家の中にモノがあふれてとても片付けきれない、あるいは一年に数回しか使わないようなもので家の中の収納が占領されてしまっている、こんな悩みを解消するのにお勧めなのがトランクルームです。いつ使うとも知れないものは思い切って処分することはできても、毎年決まった時期には使うものの場合、処分することもできず、収納場所はとるし何とかしたいと思うものです。そんな時収納のためのスペースをレンタルすれば普段の家の中の収納スペースにゆとりが生まれ、家を広く使えるようになるのがメリットです。広さやタイプにもよりますが月額数千円程度のレンタル料金で、めったに使わないものをしまっておけるのですから、上手に活用して普段の暮らしをスッキリとさせたいものですね。ただしその時に注意したいのが、中にしまうものの種類とレンタルする収納スペースのタイプとの関係です。

収納するものの種類によって使い分けたいトランクルームのタイプ

収納スペースをレンタルする時、そのタイプによって庫内の環境は大きく変わります。例えばコンテナのようなタイプだと空き地にそのまま直置きなことが多く、夏には庫内がかなり高温になるし外に直置きの場合しまったものがかなりほこりになることも考えられます。そのためあまり繊細なものをしまおうとすると収納中に酷くダメージを受ける可能性もある点はデメリットだと言えます。そのため中に何をしまうかによってコンテナタイプにするか、空調まで管理してもらえる倉庫タイプにするかを使い分ける必要があります。その点を考慮せずに自宅から近くて使用料が安いというだけで選んでしまうと、しまうものによってはまったく適さないことも考えられるので、どんなものしまってどんなふうに使いたいかで選ぶタイプを変えることはとても大切です。