コンタクトの世界

柔らかいプラスチック素材でできているソフトタイプのコンタクトレンズです。目の密着感も良く、装着後の違和感もほとんどありません。ただし、眼にしっかりと吸着するので、眼球が酸素不足になるリスクも報告されています。その点を克服するべく、ソフトコンタクトの開発者は努力しています。
膨大な歴史が記録されているコンタクトレンズです。純粋なガラス素材から、ガラス素材とプラスチック素材の半合成に発展し、その後では全部プラスチックで製作されるようになったのです。最終的にはプラスチック素材もハードな素材から柔らかいプラスチックへと進化していきました。現在は利便性を考えて、使い捨てができるようになっています。
米国で1988年に最初にリリースされて以来、使い捨てタイプのコンタクトレンズは世界各地に広がりました。日本も例外ではありません。多くの人が使い捨てタイプのコンタクトレンズを使っています。使い捨て可能なコンタクトレンズは常時きれいなコンタクトを利用できるところがメリットと言えます。しかし耐久性はありません。
就寝中にオルソケラトロジー専用のレンズを使用することによって視力を回復させる医療技術であるオルソケラトロジーは、ちょっと不便を覚えることもありえます。でも、睡眠中にレンズが改善されて目から正しく光が入ってくるため、朝起きると非常にはっきり見ることのできる画期的な方法であるといえるでしょう。

初心者がコンタクトレンズを購入するときには、しっかりと眼科医の相談にのっとって買うことが無難でしょう。視力がいくつなのかのみならずベースカーブに関係した診察とかも重要であるためです。瞳のカーブにマッチしたコンタクトレンズを使用しないとすぐにはずれてしまい、再購入するのにお金がかかってしまうので留意しましょう。
ガラスからガラス素材とプラスチック素材の合成素材を経た上で、最後コンタクトはプラスチック製になっていきました。とは言え、初期のプラスチック製のコンタクトレンズは、まだまだ素材が硬かったのです。その状態のコンタクトをハードと呼んでいます。硬いので目の負担が大きいという弱点があります。

使い捨てタイプのコンタクトでなくても、耐用期間はしっかり存在します。寿命を過ぎたコンタクトを使用していると、目の炎症などの大きな原因につながるので、けちけちせずに廃棄してください。ソフトは長くても1年ちょっと、ハードレンズは長くても2年が寿命と決まっています。
コンタクトレンズ向けにいろいろなお手入れの用具が出回っていますが、ハードレンズもソフトレンズも通常は専用の洗浄液にひたして、消毒・殺菌・洗浄を行ないます。1日で捨ててしまうレンズなら、当然ですが消毒・殺菌・洗浄は必要がないです。毎日の手入れがわずらわしい場合には、使い捨てタイプの商品を使うと楽ちんです。

Transparent RSS Feed Transparent
  • Meta

      Site Admin
    • Log out
    • Entries RSS
    • Comments RSS