トランクルームとはどういったものかという説明をします

収納場所が不足した時に、スペースを確保するための手段として、個人なら普段は使わないようなものを、法人なら書類などの保管庫として急速に需要が高くなっているのがトランクルームです。契約方法にもよりますが通常は契約で定められた月額利用料などを支払うことで、スペースを占有できるというタイプが一般的です。ただし会社によって同じような条件のものでも呼び方が異なることもあり、同じように収納スペースをレンタルすることが目的でも、経営母体や契約形態、補完物の出し入れの際の条件なども異なります。セキュリティレベルに関してもかなり差があるため、どんなものを収納するために借りるかによって使い分けないと、時には重大なトラブルに発展してしまう可能性もあります。

セキュリティレベルの高さによる違い

トランクルームにも倉庫会社が取り扱うもの、不動産会社などが建物内の倉庫などを利用するもの、空き地に置いたコンテナなどを活用するものなど、大きく分けるとこれらの種類に分類できます。利用にあたっては事業者が荷物を扱って保管する方法と利用者が自分で収納するものとがあり、その形態によって保管する場所の環境も全く異なります。そして重要なのがセキュリティレベルの違いです。どんなものを収納するかにもよりますが、保管環境が劣悪でも特に問題の無いものは別ですが、大切なものを保管するためのスペースであればセキュリティレベルの高い物件を選ばないと、盗難などの危険性に直面する可能性もあります。ただし、セキュリティレベルが高くなるほど実際の利用に関する制限がかかり、使い勝手の良さという点ではデメリットにつながる傾向があります。

保管したモノの出し入れの条件の違い

トランクルームを借りる時、何を保管するか、どの程度の頻度で出し入れするものなのかを考えて選ばないと、実際に使い始めてからいろいろと不都合が生じてくる可能性があります。例えば費用面でも最も安く気軽に借りられるコンテナタイプの場合、鍵一つで簡単に出し入れができるので便利な反面、セキュリティや保存環境はけしてよいとはいえないのが特徴です。また、最もセキュリティレベルの高い倉庫型のトランクルームの場合、保存環境もそれなりに高く安心して預けることができるのは確かですが、保管したモノの出し入れにはかなり制限がかかり、利用の際の自由度という点では他のタイプより劣ることになります。利用者は契約にあたってはどんなものを預ける予定で、どれくらい頻繁に出し入れするのかまでしっかりと考慮して最も適したものを選ぶことが求められます。

倉庫の持ち主(オーナー)の募集に関して提案資料をご用意しています。  弊社の電話番号や会社情報などごあいさつも兼ねてご紹介しております。 収納ものによって様々な保管スペースが豊富に揃っています。 皆さまからよく頂く、気になる点やご質問をまとめました。 どんな時に利用すればいいのか、とお困りの方にいくつか事例を紹介! 全体的なご利用の流れを、一つひとつ丁寧に説明しています。 人気のマリンボックスで大和市のトランクルームを借りよう